アレジドな日記 | TOP > ARCHIVE > 2010年02月
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010.02.10 (水)

小説でも書くか~

私、一応バンドマンです!

自分で言うとめちゃくちゃ恥ずかしいフレーズですね。



でも、今日は小説を書きますwww

完璧な思いつきです。

この時点でストーリーは浮かんでいません。



そうそう、

僕の好きな女性芸能人は加藤夏希、楊丞琳(れいにーやん)です。

キャストはこのどちらかをモデルにすると僕の妄想に近づけます。



では行きます。

タイトル


赤から黒へその間に白を。



薄暗い雲が流れる。朱から滑らかに暗く滑り落ちていく壁。もうすぐ夜になろうとしているのか、それともただ僕の気持ちが鬱ぎ込んでいこうとしているのか。そんなことを考えている内に、外は薄闇に落ちていた。
「あー、もう夜か・・・。」
誰もいない独りの部屋でそうやって呟く僕は、何か食べ物を探す。
無造作にソファーに置かれたポテトチップスを見つけて袋を開ける、耳に寂しさを感じたのかまたCDをかける。
彼はテレビを好まない。当てもなくただ垂れ流される放送に自分が流されて行く感じがして、世の中の流れに流されるような気がして、とにかく嫌なのだ。
そんなのを見るぐらいなら、音楽を聴く方がいい。そこには流されまいとする意志や、心を使って伝えようとするものがあり、それに苦悩する姿がまでもが映されている。
最近は音楽をダウンロードする事が流行っているらしい。とても便利な方法で色んなものに触れ合えるいい機会だとも思う。しかし彼は好まない。CDのジャケットと歌詞カード、唯一の視覚からの情報。それはミュージシャンからの想いが物理的に形にされている物である。一見、音楽とは関係ない所謂、付属品の類に入るだろう。そう見る人はそう見ればいいと思う。たかが、小さな紙の切れ端。しかし、彼はジャケットを見ながら音楽を聴くのが好きだ。自分をその世界に浸らせて、耳から入る音楽を感じる。全てを彼らの世界に預けるのだ。その瞬間に、快感や高揚、絶望までもを体感する。
そうやって毎日を一喜一憂し、そうやって自分を回している。何処から流れて来たかわからない、何処へ流すでもない、ただただ垂れ流されるためだけの映像と雑音。そんなものはどうでもいい。それが現実だとしても、そんなものはどうでもいい。そう思いながら自分を回している。傍から見ればそれは現実逃避と捉えられるだろう。けれど、彼にとっての現実はそこにある。そうやって、自分でも気付かずに暗示めいたものをかけているのだ。
ちょうど昨日はART-SCHOOLのあと10秒でを聞いていた。赤いジャケットに白い女性が揺らめいている。あと10秒で、世界が終わる。その時あなたは何を、僕は何を、最後にするのか。という曲である。これが昨晩から離れずぼんやりとしていた。赤に揺らぐ白い女性のように、消えそうだがはっきりと、ぼんやりと。
「最後には、何をするんだろう?泣くのかな?それとも自棄になって楽しもうとするのかな?」
そんなことを自問自答しながら、ぼんやりと講義を受ける今日を送った。昨日からちょうど一日経つ頃、不意に思った。
「あぁ、たぶんこうやって10秒なんか過ぎるんだろうな。」
「したいことがあっても、あれがしたいこれがしたい、ただそうやって何も出来ずに過ぎるんだろうな。」と。
そんな事を思った瞬間、ジャケットの赤が頭に蘇った。消えそうだが白くはっきりした女性も。
彼は、何故女性がぼんやりしているのか感じた気がした。大切なものが揺らぐ様子とたぶらせながら。赤から黒へと沈んでいく部屋の中で。


よし、疲れた・・・。


途中からCDのレビューになりましたwww


小説家がすごいってことが身をもってよくわかる日記でしたね。僕だけですが・・・。


でもね!全部音楽に純粋に身を任せて聴くことってすごくいいですよ。


これはほんと!


でも嘘!


やっぱほんと!!!!



毛穴を全て開くイメージで聴くのです。


騙されたと思ってやってみてください☆


音楽がもっと大きな存在に変わりまっする^^


話変わりますが、


キャストに登場させようと全く思ってなかったレイニーヤンが日本でデビューしたんですね?


ちなみに台湾人です☆


かわいい教祖と呼ばれているらしくとても親日派とのことです。


アジエンスだっけ?アジアの人達6,7人代表でシャンプーのCMの歌を歌うみたいですが、その中に入ってるらしい。


ちなみに日本からはJUJUだっけかな?


取りあえず喋り声と表情がいいので。


全く言葉は理解できませんが・・・。


そんな時、毛穴を開くイメージで耳を傾けるとなんとなくわかりますw



2月14日楽しみだな☆

おでんフェスタ~☆



ちなみに登場人物「彼」は僕ではありません、空想と妄想により排出された人物ですので、

僕が病んでいるとかそーゆー心配は御無用ですwww


次回はライブの告知をしまっする^^


たぶん・・・
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。