アレジドな日記 | TOP > Dドライブ
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009.09.17 (木)

Dドライブ

秋の風が心地よい今日この頃、
いかがお過ごしですか?


僕は、
汗だくの汁だくの一日を過ごしました。


全て冷や汗ですが…


そう

Dドライブのお話です。



決してエフェクターの話ではありませんので、ご了承を。



パソコンのDドライブです。

Dドライブが消えたのです。

ASUSという会社のネットブックを使っているのですが、

昨日、パソコンを立ち上げると、

なんだかデスクトップのソフトの量が減った気がしていました。

その時点ではあまり気付かず、ネットをしていました。





ネットをしていて

そんなこんなで、圧縮ファイルを落としました。

「よし。解凍するか~。」

圧縮ファイルをダブルクリックしました。

「ん?」

変化なし。

もう一度。

「んん??」

ただの屍のようだ。

「調子悪いのかな?直接解凍してやろう。」

プログラムファイルを探す。

「どこやったっけ?」

探す。

「無いなー。

あっDドライブに入れたんだっけ

Dドライブだと思い出し、探そうとする。

「ん?」

Dドライブが無い。

「んんん???」

ドライブナッシング。



※「取りあえず再起動してみよう。」

 ほどなくして立ち上がる。

 「うん。やっぱりない。」

 ドーン。

※繰り返し×3

「大切なデータを沢山入れていたのに…どーしよー!!!!」

ここで冷や汗の登場。

秋の心地よい時の中、

「独り真夏の真っ只中で大きい方のトイレに行きたいんだけど、学校でトイレ行くと、みんなに後からいじめられてしまうから行けないや。どうしよう漏れちゃうよ…。」

という状況に陥りました。



そこからパソコンと格闘すること数時間。

なんと直りました。

何食わぬ顔してDドライブが出現しました。



直し方書いておきます。
困っている方はこの方法で試してみてください。


まず、パソコンをよしよしする。(撫でながら。)

そして、

「Dドライブ君み~つけた!」

と大きな声で言う。

すると、

「見つかっちゃった~」

と言って出てきます。(嘘)



真面目に書きますと、

まずWindowsキーを押して設定というところから「コントロールパネル」を選択します。

パフォーマンスとメンテナンスというのを選択したりして「管理ツール」というものを選択します。

次に「コンピュータの管理」を選択します。すると左っ側に「デバイスマネージャー」というのがあるので、クリックします。

すると二行目に、「IDE ATA/ATAPIコントローラー」というのがあるので、ダブルクリックします。

プルダウンが開かれますので、その中の「プライマリ IDE チャンネル」をダブルクリックしてください。

すると、「デバイスの使用状況」というのが一番下にありますから、「このデバイスを使わない(無効)」を選択します。

そして「OK」を押します。もう一度「プライマリ IDE チャンネル」を選び「このデバイスを使う(有効)」に戻します。

するとマイコンピュータにDドライブ復活しました。(出てこないときはF5をマイコンピュータで一回押してみてください。)

それでも出ないときには、「プライマリ IDE チャンネル」で右クリックをして無効を選び、×マークが出現したらもう一度右クリックして有効にしてください。

僕は、後者のやり方で復活しました。

ちなみに、BIOS画面でHDDが認識されていないとこの方法は無理なようです。
僕のパソコンはSSDでドライブごとにSSDが別のものだと思われます。
一つのSSD中でパーティションを分けられている場合では、この方法は使えないと思われますのでご了承を。



さっき、嘘と書きましたが、たまにはパソコンをよしよししてやってください。

彼らは頑張っていると思います。



東京マグニチュード8.0また見ちゃいました。

きつ過ぎます。。。

これはきつ過ぎる。。。。。

どうしてそんなに泣かせるのか。。。

えっ?と思い、二、三話見返してしまいました。

そしたら、確かに…その辺から違和感があったのですが、そうだったんだ…と泣きました。

マリさんの言葉の意味がわかりました。

そうゆう意味だったんだ…。

是非見てください。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://allegedmusic.blog87.fc2.com/tb.php/29-f370a459
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。